トップページ>葛籠入トラストの紹介 

三ヶ島2丁目「葛籠入」保全トラストについて




これまで反対協議会が集めた反対署名は1万2千筆。所沢市自治連合会が集めた計画の中止と公有地化を求める署名は6万を超えています。 これを受けた所沢市長は、計画がとりやめになったら、公有地化に取り組む、と表明しました。

本協議会の構成団体でもある公益財団法人トトロのふるさと基金は、墓地計画地の公有地化を検討している所沢市に協力して、この土地を取得する寄付金を募るトラスト活動を開始しました。当面の目標額は1億円とのことです。

そこで、今回、墓地計画地の現地見学と、集いを開催し、墓地開発の経過報告と、 貴重に残された狭山丘陵の湿地保全の重要性について、 墓地計画の法的な問題点について 専門家のお話を伺う機会を設けることに致しました。

三ヶ島2丁目の墓地計画地の周辺は、古くは「葛籠入(つづらいり)」と呼ばれていました。計画地直下の湿地は、ホタルなどの生きものの生息地として貴重な環境です。この貴重な自然を守っていきましょう。皆様のご協力をお願いいたします。

詳細は以下のトトロのふるさと基金のウェブページを御覧ください。
http://www.totoro.or.jp/tudurairi/index.html

狭山丘陵墓地開発反対協議会